ファクタリングで即日現金化

ファクタリングで売掛金を即日現金化して、資金調達

詳細はコチラ

ファクタリングは経済産業省も推奨する資金調達、売掛金を即日現金化!

ファクタリング
ファクタリングは経済産業省も推奨する資金調達、売掛金を即日現金化!

ファクタリングは、経済産業省も推奨する資金調達方法が気になるあなた。本当にファクタリングを使えばファクタリング会社に売掛金を買い取ってもらい、即日現金化できるのか気になりますよね。

銀行では、売掛金を買い取ってもらい、現金化することができませんよね。
ファクタリングを使えば、法人相手の売掛金さえあれば、早期に資金化することができますので、安心して利用できる資金調達方法です。

ファクタリングは、手数料の支払いが必要になるものの、支払日が来てない請求書の現金化が可能になる経済産業省も推奨する、効率的で効果的な資金調達手段です。法人相手の売掛金であれば、即日現金化できます。

ファクタリングは、貸金業登録を受けていないヤミ金融業者を利用すると、様々な被害や資金繰りが悪化して生活破綻につながるおそれがあります。東京商工会議所会員の、トップ・マネジメントのファクタリングは、法人相手の売掛金さえあれば即日現金化できますので、ぜひ今すぐ申し込んでみてくださいね。

ファクタリングは経済産業省も推奨する資金調達で、トップ・マネジメントのファクタリングは、融資ではないため借入ブラック、信用情報に問題があるといった方でも、法人相手の売掛金さえあれば即日現金化できますので、資金繰りに奔走する必要もなく、本業に専念できますよ。

 ファクタリングは経済産業省も推奨する資金調達、売掛金を即日現金化!

 ファクタリングは経済産業省も推奨する資金調達、売掛金を即日現金化|会社選び!

ファクタリングは、信頼できるファクタリングサービス会社を選んでください。 ファクタリングは、新型コロナウイルス感染症に便乗して、ヤミ金融業者による違法な貸付け等が行われる懸念もあるため、十分注意が必要です。 事業者が保有している売掛債権等を対象とする「事業者向けファクタリング」においては、ファクタリングを装って貸付けを行うヤミ金融業者が存在します。
ファクタリングであっても、経済的に貸付けと同様の機能を有していると思われるようなものについては、貸金業に該当するおそれもあります。
高額な手数料のファクタリングを利用すると、かえって資金繰りが悪化する可能性があります。 中小企業の経営者などを狙い、貸金業登録を受けていない者が、ファクタリングを装って、業として、貸付け(債権担保貸付け)を行っている事案が確認されています。  

○ ファクタリングとして勧誘を受けたが、契約書に「債権譲渡契約(売買契約)」であることが定められていない。  

○ ファクタリング業者から受け取る金銭(債権の買取代金)が、債権額に比べて著しく低額である。
などのケースは、ファクタリングを装った貸付けの疑いがありますので、十分注意してください。 ファクタリングであっても、経済的に貸付けと同様の機能を有していると思われるようなものについては、貸金業に該当するおそれがあります。  例えば、譲渡した債権の回収(集金)がファクタリング業者から売主に委託されており、売主が集金できなかった場合に、  ○ 売主が債権を買い戻すこととされている
 ○ 売主自身の資金によりファクタリング業者に支払をしなければならないこととされている
などといったようなものについては、貸金業に該当するおそれがあります(貸金業の該当性については、契約書の文言だけでなく、経済的側面や実態に照らして判断されるものです。)。

(参考)
 裁判例においても、 〇 ファクタリング業者が債権回収のリスクをほとんど負っていない 〇 債権の額面と無関係に金員の授受がなされていた 〇 売主は、買戻しを行わざるを得ない立場にあった 〇 債権が回収不能となった場合には代金を減額されるなど、債権の回収リスクが売主の信用リスクと同じとなっている  といった事情等を考慮して、金銭の授受が金銭消費貸借契約に準じるものと判断されたものがあります(大阪地方裁判所平成29年3月3日判決)。  業として、金銭消費貸借を行う場合には、貸金業登録を受ける必要があります。

 ファクタリングは経済産業省も推奨する資金調達、信頼できるファクタリングサービス 売掛金を簡単に早く現金化することができる「ファクタリング」は、企業の経営資金が不足しているとき、取引先金融機関の融資が受けられないときなどに適しており、売掛金の現金化により企業が経営を健全化できるなどのメリットも期待できます。 ファクタリングサービスの中には、ファクタリングを装って違法な金利で貸し付けを行う闇金融業者も存在しますので、信頼できるファクタリングサービスを選ぶことが必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました